#24 闇の中の白い正午 – 不確定性正方形

作 家:倉重光則
企画・文:烏亭(烏山秀直+東亭順)

会期:2021年9月23日(木) – 10月17日(日)  土日祝日と9/24のみ開場
9/23(木), 24(金), 25(土), 26(日), 10/2(土), 3(日), 9(土), 10(日), 16(土), 17(日)

時間:14:00-18:00

私たちは以前から倉重光則を知っていた

まだ美術を志しはじめた頃
当時通っていた美術予備校で
眼前のモチーフを必死にデッサンしながら
美術書を読み漁り
豊かさと難解さの交差する
いずれ私たちの主戦場となるはずの
美術の最前線を夢想していた

そこに彼はいた

数十年後のスイス
出品者として同じ展覧会に参加したことで
私たちの交流は始まった

時に挑発され
時に試されながら
ゆるやかな交流を繰り返し
自然に熟成を迎えたいま
アズプロでの個展が決まった

「全力で発表する」
少年のような宣言を耳にした瞬間から
私たちの胸は高鳴りつづけている

__

横書きにタイピングされた詩が 壁に掛けられていた
左端は垂直に整列し 右端は改行ごとに不揃いだ
床のうえにそのシルエットが拡大され 青白く光る細いネオン管に置き換えられている
左から右へ改行を繰り返し下方へ流れるはずの詩が
床に置かれ四方からそれぞれの景色を作っている遠い水平線から波打ち際を思わせる風景が出現する位置に立つと
その果てしないはずの距離を 同時に俯瞰している私たちがいる

__


光によって照らされた時 対象物は視認される
しかし 対象物と光源の距離があまりにも近いとそれは消し去られる
見せるための機能と同時にものを消す作用を併せ持つ事実の発見
この体験を強烈な快感が与えられた瞬間だったと作家は言う
私たちがどちら側を見ることになるのか 試されるようだ

__


淡い発光体が何かを暗示するように壁に線状に組まれ
薄明の空を思わせるグラデーションが空間を染めあげていた
発光体なのか それとも壁や床や柱を含めた空間すべてなのか
ミクロ的視覚、マクロ的体感を私たちに教えてくれる

__


ことあるごとに一服を求め足早に喫煙可能な場所へ向かい
日に焼けた分厚い手の平でライターの炎を囲って丸めた背中越しに煙を立ちのぼらせる姿
真剣に作品と対峙し そこから核となるモノを読み取ろうとする眼差
年齢や性別や国籍など一切気にせず同じ目線で互いのこれからを語る夢
濃くもあり淡くもある幼き頃に憧れた大人の姿

__

倉重光則
福岡県久留米市生まれ
1986年以降 国内外を問わず精力的な活動を通し 数々の展覧会に参加
現在は神奈川県三浦市のスタジオで制作を行う

アズマテイプロジェクトでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から必要な対策を引き続き講じてまいります。

●「特措法に基づく緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」

社会情勢により会期の変更・予約制・延期・中止となる場合がございます。最新情報は随時HPにてお知らせいたします。ご来場前にご確認ください。

ご来場に際してのお願い

・マスクの着用と、入場時の手の消毒にご協力ください。 

・スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。

・換気のため窓を開けております。 

・発熱がある方、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方はご来場をお控え下さい。 

・大人数でのご来場はお避けください 

・他のお客様との間隔をなるべくあけてご鑑賞下さい。

OTHER SHOWS